2014-12-30
本年もご愛顧いただき誠にありがとうございました。
誠に勝手ながら12月31日・1月1日〜4日は休業とさせていただきます。
5日より通常通り営業をしていますので是非年末のお疲れを癒しにご来店下さい。
2013-12-25
本年もご愛顧いただき誠にありがとうございました。
年末年始は通常通り営業をしていますので是非年末のお疲れを癒しにご来店下さい。
尚1月1日〜5日まで粗品を進呈いたします。

タイマッサージについて

タイマッサージの歴史
タイマッサージには、約2千5百年の歴史があります。その創始者は、今から約2千5百年前の時代を、釈尊と共に生きていたインドのシワカ・コマラパ師とされています。彼は仏陀の主治医であり、サンガ(仏教僧の集団)の筆頭医師として活躍していました。当時、仏教僧たちを救っていた仏教医学は、仏教の伝来と共にタイに伝わり、中国医学を吸収し、タイ伝統医学として確立されました。そして、ワットと呼ばれる寺院で、民衆を救っていくのです。

「慈・悲・喜・捨」の心
ワットでは、タイマッサージを施すために必要な、仏教の教えが説かれました。それは、仏教でいう愛の概念「慈・悲・喜・捨」の心です。「慈」とはすべての生命あるものに対して、親愛の心をつくろうと自分の心を変えていき、相手を中心に考える習慣をつけることです。「悲」とは、抜苦を意味し、痛みに苦しんでいる人がいたら、その痛みを取り去ってあげたいと思う気持ちのことです。「喜」とは、他人の痛みがなくなったら、「本当によかったなあ」と素直に喜べる気持ちをいいます。「捨」とは、自分勝手な判断を捨てて、あるがままの姿を客観的に観ることを意味します。このような仏教の教えとタイマッサージは一体化して、タイ全土に広がっていったのです。

「セン」
大寝釈迦仏で有名なバンコクのワットポーという寺院には、今でもタイマッサージの学校と施術所があり、境内には、「セン」と呼ばれるエネルギーラインが彫られた石版を、壁一面に掛け保存している場所もあります。この「セン」をマッサージをすることも、タイマッサージの大きな特徴といえます。

主な施術効果
1. 筋肉の柔軟性が増し、老化が防止できる。
2. 自律神経のバランスが取れ、体と心がリラックスできる。
3. 呼吸が長く深くなり、半覚半眠の状態を体験できる。
4. 体の歪みがなくなり、神経痛、関節痛が解消される。
5. 慢性病に対しての施術効果と予防効果



 
※画像クリックすると大きな画像をご覧頂けます。
アンチー飯能 スタッフ アンチー飯能 スタッフ アンチー飯能 アンチー飯能


タイマッサージアンチーでは、お客様のお身体の状態に合わせてじっくりと施術を行っていきます。
日頃のストレスや疲れから解放され、リラックスしていただけるように、心をこめてマッサージさせて
いただきます。お客様のお越しを心よりお待ちいたしております。